会社が危険な時に助けてくれる便利なサービスがファクタリング

Factoring

ファクタリングのメリットと手数料について

企業経営において、月末などまとまった支払いがあるときに、現金資産が足りずに困ることもあるかと思います。そのような時の解決策としてまず思い浮かぶのが、銀行やビジネスローンからの融資ではないでしょうか。しかし融資を受ける場合、手続きが煩雑で時間が掛かったり、借りた後も返済に苦労することも少なくないです。そこで、お勧めしたいのがファクタリングです。
ファクタリングとは、企業が保有している売掛金をファクタリング業者が買い取り、その買い取り代金を企業が受け取るシステムです。そのため、利用する企業としてはすぐに現金を手にすることが可能で、融資と異なり現金を借りるわけではないので、担保を用意したり返済の必要もありません。また、ファクタリング業者が売掛金を買い取るため、企業にとっては貸し倒れのリスクがないこともメリットの一つです。
そんなファクタリングですが、利用の際に必要な手数料は、取引先からファクタリング業者に売掛金の入金を行う3社間取引では売掛金の数%程度、取引先を通さない2社間取引では10~20%程度が掛かります。そのため、3社間取引のほうが手数料が安くお得ですが、取引先にファクタリングを利用したことが分かることから、資金繰りが悪いとみなされ信用を無くす場合もあるため、そうした危険性がある場合は2社間取引のほうが良く、場合によって使いをけることが大切です。